願い事は東京都北区西ヶ原の七社神社へ

七五三詣

七五三詣とは、成長の節目に、吉数の奇数歳にお子様の成長を祝う行事です。

三歳の男女 髪置(かみおき) 剃っていた髪を伸ばしはじめる儀式
五歳の男子 袴着(はかまぎ) 初めて袴をつける儀式
七歳の女子 紐解(ひもとき) 子供用の着物から大人の着物に替える儀式

  • 子供の成長を氏神様に感謝し、健やかな成長をお祈りする行事です。古くは数え年(満年齢に誕生日前は2歳、誕生日後は1歳を加えた年齢)で祝い、旧暦の11月15日に行われていました。 氏神様に誕生を奉告した初宮参りより、無事に成長した姿を神様に見て頂き、さらに健やかに成長出来るよう神様にお祈りしましょう。
  • 七五三詣期間中、お祝い太鼓を鋪設しております。お子様の年の数だけ打ち鳴らし、邪気を祓いましょう。
  • 境内や舞殿で想い出の写真をたくさん撮って下さい。
  • 七五三詣
碁盤の儀

碁盤の儀(ごばんのぎ)

皇室では、七五三にあたるものとして、碁盤から飛び降りるという儀式が行なわれています。

世界をしっかりと踏んで立ち、健やかに成長するようにとの願いを込めて、右手に扇、左手に山橘(藪柑子ーやぶこうじー)を持ち,碁盤の上から南の方角へ飛び降ります。

七五三詣期間中は碁盤を舗設しております。